読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

島村楽器 イオンモール鈴鹿店 シマブロ

島村楽器 イオンモール鈴鹿店スタッフによるイベント情報やお知らせなどを発信するブログ(シマブロ)です。

アコギ情報ブログ アコースティックマンへの道 ~38歩目 カポタスト使ってますか?~

こんにちは、アコギ担当の上野です!
ギタセレサイトはみなさんチェックしていただいてますか?
先日、更新された特集がとても興味深いので、ご紹介いたします!

【徹底検証】アコギピックアップ比較その1 ~まずはアコギピックアップについて知ろう~

島村楽器イオンモール鈴鹿店アコースティックマンへの道

上野もブログ立ち上げ当初にアコギ用ピックアップをご案内しました(アコギ情報ブログ アコースティックマンへの道 ~5歩目 SAT-KO SYSTEMでソロギターをかき鳴らせ!!~)が、こちらの特集はより詳しく説明されていますので、ぜひ、じっくりご覧くださいませ!
さらに今後の特集でもっともっとマニアックになっていきそうですので、見逃せませんね!!

さて、それでは、今回の本題へ~~

アコースティックマンの必需品「カポタスト」

島村楽器イオンモール鈴鹿店アコースティックマンへの道カポタスト

みなさん、カポタスト使っていますか?
コードを簡単に押さえるために使ったり、移調のために使ったり、転調させたり、と使い方は、使用者次第!
アイディア次第で曲の雰囲気を劇的に変化させてくれるアイテムです!

ゴムタイプ、ネジ式、ワンハンドタイプなど付け方のタイプもいろいろあったり、素材や重さなども様々です!
島村楽器モレラ岐阜店にて、カポタスト特集のホームページがアップされています。
過去記事になっていますので、商品のお問い合わせは、鈴鹿店まで!
【ギタリストにおすすめ】楽々キーチェンジ!カポタストの薦め!

ちなみに上野がカポタストを選ぶ際に気をつけていることは、

  • ギターに強い負荷がかかり過ぎないか?
  • カポ本体の重量感
  • 使いやすさ

です!
カポタストはネックにを押し当てて使うものですので、挟み込む力が強いとギター自体に負荷がかかります。
また、チョーキングしたような状態になったりもしますので、適度な力で挟み込んでくれるカポタストが安心です。
そして、重量感。
の振動は、カポタストへも流れ込みますので、カポタストが軽いと振動がそちらで使われてしまい、音の伸びがなくなったりします。
ある程度の重さがあると音も安定しますので、オススメです!
さらに使いやすさです!
取り外しはしやすいかというのは、何度も付け替えていると感じてくるストレスです。
アコースティックマンにカポタストは必需品。
以上の点をぜひ、参考にしていただき、カポタストを選んでみてください!

上野オススメのカポタストは?

GliderTheRollingCapo(グレッグベネットギターズ)  ¥3,980

島村楽器イオンモール鈴鹿店アコースティックマンへの道カポタスト

バネの力ではさんでくれるカポタスト。
また、唯一、曲中での転調がスムーズなカポタストです!
ローリングカポとはよく言ったもので、指板上を滑らせて使うことも可能です!

↑グレッグベネットギターズ公式のパフォーマンス動画

YokoyamaGuitarsイベントでおなじみ松井祐貴さん、okapiさんも愛用しているこのGliderカポ。
(松井さんは「Rider」、okapiさんは「Puzzle」という曲の中で使用されています。)
また、先日のFNS歌謡祭で、ゆずのお二人も使用されていましたね!

とっても幅広くまた、アイディア次第でいろいろと発展させてくれるカポタストです!

Performance6string(G7th)  ¥4,980

島村楽器イオンモール鈴鹿店アコースティックマンへの道カポタスト

手で挟みこむだけの簡単設計!
取り外しも簡単です。
自分の好きな力加減で挟み込めるので、ギターにもやさしいです。
ほどよい重量感もあり、振動を妨げません!!
いい事づくしなカポタストは、あのエリック・クラプトンを始め、多くのアーティストが愛用されています!!

この2点はとってもオススメ!
一度、手にとっていただき、装着感を確かめていただければと思います!!
その他、多数品揃えしておりますので、詳しくはスタッフまでお尋ねくださいませ!!

今日のアコースティックマンへの道はここまで!
それでは、また!!

イオンモール鈴鹿店ホームページはこちらから↓

イオンモール鈴鹿店ホームページ!

ギタセレにて、当店ギター在庫が確認できます!!

GuitarSelection鈴鹿店ホームページは、こちらから!

お問い合わせ

島村楽器イオンモール鈴鹿店 TEL:059-375-0538 担当:上野

もっとみる

© Shimamura Music All rights reserved.