読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

島村楽器 イオンモール鈴鹿店 シマブロ

島村楽器 イオンモール鈴鹿店スタッフによるイベント情報やお知らせなどを発信するブログ(シマブロ)です。

YAMAHA MONTAGEのバージョンアップが凄い! ~Dr.奥田のシンセラボ

Ver1.5になってさらに使いやすく!

f:id:shima_c_suzuka:20170221185253j:plain
こんにちは。シンセラボのDr.奥田です。
ヤマハのフラッグシップシンセサイザーMONTAGE。発売以来大反響で鈴鹿店でもユーザー様が増えつつあります。そんなMONTAGEも発売してから数回のバージョンアップを重ね常に進化しています。
今回のバージョンアップはユーザー様の声を反映し、かなり使いやすくなっています。
色々な機能の追加や変更点があり、より親しみやすいかつ高品位なシンセサイザーになりました。
MONTAGEをお持ちの方は是非バージョンアップしてみてください。
注)バージョンアップの際は必ずバックアップを取っておいてください。

さっそく、変更点を検証してみましたのでレポート致します。
まずは変更点をから確認してみましょう。

追加機能と変更点

1.新規エフェクトタイプを追加しました。
2.新規パフォーマンスを追加しました。
3.フェーバリット機能を追加しました。
4.パートカテゴリーサーチのパラメーターウィズパートに「Mixing」の設定を追加しました。
5.パフォーマンスプレイ(ホーム)画面にさまざまな情報を表示する機能を追加しました。
6.スーパーノブリンク機能を追加しました。
7.USB接続時のモニターボリュームを設定する機能を追加しました。
8.シーンの切り替えをコントロールチェンジで操作できるようにしました。
9.ライブセット画面とカテゴリーサーチ画面で、一部文字サイズを変更できるようにしました。
10.ユーザーメモリー全体(ソングとライブラリーを含む)の情報を記録したバックアップファイルの保存と読み込みに対応しました。
11.画面内のタッチ操作でパートを選択できるようにエディット画面を改良しました。
12.オーディオビートシンクの精度を向上させました。
13.ライブセット画面で選択中のパフォーマンスの視認性を向上させました。
14.MOXF6/MOXF8で保存されたファイル(X6A, X6V, X6G, X6W)の読み込みに対応しました。
15.[SHIFT] + [OCTAVE-]/[OCTAVE+]ボタン操作でトランスポーズを変更後、一定時間は[OCTAVE-]/[OCTAVE+]ボタンのみでトランスポーズの変更ができるようにしました。

実際に試してみました

追加や変更点のいくつかを試してみました。

1.追加エフェクトタイプ

f:id:shima_c_suzuka:20170220205622j:plain
オルガン等に使えるロータリーエフェクトが追加になっています。
実際鳴らしてみるとかなりリアルな表現力でした。その他コンプレッサーも追加。

2.新規パフォーマンスの追加

52音色が追加となりました。どれもMONTAGEらしい表現力豊かな音色ばかりでついつい時間を忘れて弾き続けてしまいます。どうやって作っているのか音作りの勉強になります。
追加エフェクトを使った新しいオルガン音色も追加されました。今までオルガンは少し弱いなと思っていましたが、即戦力で使える音色です。

3.フェーバリット機能が追加され音色選びがやりやすくなりました。

f:id:shima_c_suzuka:20170220205740j:plain
気に入った音色をこのようにフェーバリットしておくと、
f:id:shima_c_suzuka:20170220205948j:plain
あとでお気に入りだけ抽出できます。ライブで使えそうな音を数個ピックアップして、あとで曲順ごとにライブセットに保存したりできます。地味に便利。

5.パフォーマンスプレイ(ホーム)画面にさまざまな情報を表示する機能を追加しました。

f:id:shima_c_suzuka:20170220210638j:plain
たとえばレイヤーのレンジを表示し、スプリットなどのレンジ指定がやりやすくなったり
f:id:shima_c_suzuka:20170220210742j:plain
FM音源アルゴリズムを表示したり、さらにエディット画面に行かなくてもここでアルゴリズムの変更もできる!
この機能は即戦力になりますね。

13.ライブセット画面で選択中のパフォーマンスの視認性向上

f:id:shima_c_suzuka:20170220210026j:plain
選択したパフォーマンス(音色)がオレンジ色になり今選んでいる音色が分かりやすくなりました。
ライブ中でも分かりやすくなったと思います。

また、パフォーマンス(音色)切り替えのタイムラグがだいぶ少なくなりました。これは嬉しい。

絶賛展示中です

新しく追加した音色などぜひ店頭にてお試し下さい!

この記事を書いた人~Dr.奥田プロフィール

f:id:shima_c_suzuka:20170220165128j:plain
初めてシンセに触れたのは14歳の中学2年生のころ。音楽の授業で聴いた富田勲の「月の光」。シンセサイザーっていろんな音がでて、しかもこんなにも情緒豊かな演奏ができるのか、と感動し高校1年からシンセを始める。音を作り始めると夢中になって時間を忘れてしまうほど。よって演奏能力は上達しないのが悩みの種。
敬愛するシンセシストは、難波弘之小室哲哉、キースエマーソン。
ファーストシンセはローランドのαJUNO-2。それからのシンセ遍歴は以下の通りです。

いま、強烈に欲しいシンセはYAMAHA MONTAGEとMOOG Minimoog Model D。これさえあれば今後20年は何もいらないと言えます。とか言いつつ欲しいものが出てくるんだろうなぁ。
現在は、DTMとかで遊びつつバンドにも加入しライブ活動実施しています。

もっとみる

© Shimamura Music All rights reserved.