島村楽器 イオンモール鈴鹿店 シマブロ

島村楽器 イオンモール鈴鹿店スタッフによるイベント情報やお知らせなどを発信するブログ(シマブロ)です。

楽曲制作サークル「Digiland CREATORS SUZUKA」第五回活動報告です

第5回デジランド・クリエーターズ・サークル開催しました!

こんにちは、鈴鹿店のデジタル担当Dr.奥田です。
5回目を迎えたデジランド・クリエーターズ・サークル。いままで1回目~4回目まで参加者のかたを中心にカノンの打ち込みを行ってきました。まだ、サビ前くらいのところですが、今回は新製品Steinberg UR-RTが入荷したてですので、急遽生楽器を録音することになりました。

UR-RTシリーズの詳細はこちら
info.shimamura.co.jp

これまでに打ち込んできたカノンに初めての楽器録音です

さて、これまで打ち込んできた曲を聴き返すとなかなかにアンビエントな音色で浮遊感のある曲になっていました。そんな曲に合う楽器は何だろうと考えていくと、自然とクラリネットがいいのではないかと思い立ちました。
鈴鹿店にはクラリネットが吹けるスタッフがいましたので、お願いしてみることに。急なお願いにも関わらず二つ返事でOKしてくれたのは、当店管楽器担当の岩崎くんです。
f:id:shima_c_suzuka:20180524142255p:plain

さっそく音を入れてみましょう

f:id:shima_c_suzuka:20180524141308j:plain
時間も少ないのでリハもそこそこに録音開始です。
UR-RTシリーズにはRupert NeveカスタムトランスをOn/Offするスイッチが付いています。
f:id:shima_c_suzuka:20180524141918j:plain
まずはOnの状態で録音し、そのあとOffにして録音しました。
録音した後に聴いてみると、あきらかにOnにした時の方が音量(音圧)が上がっており、存在感が出ていました。ただし、この曲の雰囲気はアンビエントな感じを出したかったのでOffした時のテイクを採用することにしました。
※数テイク録音してみてマイキングやマイクとの距離なども試行錯誤すればもっとよい録音ができたと思いますが、今回が時間が無かったため細かい調整はせきませんでしたことをご了承願います。
f:id:shima_c_suzuka:20180524144251j:plain
さっき録音した音のレベルを調整し、リバーブなどを加えバッキングになじむように少し調整をしていきます。
f:id:shima_c_suzuka:20180524144314j:plain
なかなかいい感じになりました。ライン録りではないですが雰囲気だけでもお伝えしたく動画をとってみました。ご覧ください。
youtu.be

録音してみた感想

クラリネットの音色はこの曲の雰囲気にぴったり。シンセ系の音色がメインのこの曲が生楽器が加わることで人間味のある暖かな雰囲気になり、音色選びの重要性を改めて感じさせられました。
ここから先はサビになるので、次はどのような展開にしていくか楽しみでもあります。

次回の実施日は。。。

第6回デジランドクリエーターズサークルは7月7日(土)19:00~実施いたします。
内容は
①初参加の方がいれば自己紹介(曲作っている方は曲紹介も!)
②参加者の曲を分解、音源差し替えたりしてみます。
③今回はカノンの打ち込みはお休みして、シンセサイザー講座を実施します。
新発売の話題のシンセARTURIA MINIBRUTE2を使ってアナログシンセの解説をしたいと思います。

新たなメンバーを募集中です。お気軽にお問合せ下さい。
見学だけでも大丈夫です。ご興味ありましたらお気軽にお尋ねくださいね。

この記事を書いた人~Dr.奥田プロフィール

f:id:shima_c_suzuka:20170220165128j:plain
初めてシンセに触れたのは14歳の中学2年生のころ。音楽の授業で聴いた富田勲の「月の光」。シンセサイザーっていろんな音がでて、しかもこんなにも情緒豊かな演奏ができるのか、と感動し高校1年からシンセを始める。音を作り始めると夢中になって時間を忘れてしまうほど。よって演奏能力は上達しないのが悩みの種。
敬愛するシンセシストは、難波弘之小室哲哉、キースエマーソン。
ファーストシンセはローランドのαJUNO-2。それからのシンセ遍歴は以下の通りです。

いま、強烈に欲しいシンセはYAMAHA MONTAGEとMOOG Minimoog Model D。これさえあれば今後20年は何もいらないと言えます。とか言いつつ欲しいものが出てくるんだろうなぁ。
現在は、DTMとかで遊びつつバンドにも加入しライブ活動等しています。

もっとみる

© Shimamura Music All rights reserved.